このブログでも何度か取り上げてきました東京都科学未来館です。

科学に触れたくなると日本科学未来館に行きます。

(写真は、Geo-Cosmos)

 

20170316未来館1

 

かねてから最新の地球儀が欲しいな~と思っていたら、ぴったりのものが!

ビーチボールの地球儀(2300円(税別))をお土産コーナーで見つけました。

小さくたためますが、正確で存在感もあります。

 

今、いくつ「国」があるのかな、と思って調べてみたら、

日本政府が承認している「国」は196カ国、

国連に加盟している「国」は193カ国、でした。

 

「宮中ご八柱」と呼ばれる神さまがいます。

「人類」の守護と「国造り」の働きをされるとても古い神さまたちです。

 

高皇産霊大神さま(たかみむすびのおおかみ)

神皇産霊大神さま(かみむすびのおおかみ)

生産霊大神さま(いくむすびのおおかみ)

足産霊大神さま(たるむすびのおおかみ)

玉留産霊大神さま(たまつめむすびのおおかみ)

御食津大神さま(みけつのおおかみ)

大宮能売大神さま(おおみやのめのおおかみ)

事代主大神さま(ことしろぬしのおおかみ)

 

日本は天皇家のおかげで八柱すべて揃っておられますが、若い国には三柱や五柱しかおられない「国」もあるそうです。

神仏も人類と深く関わってともにこの地球に存在し生きておられるのです。

こうして地球儀をながめていると、いろいろな思いが交差します。

 

地球自身の内在神、地球の守護の神仏・・・

人類の内在神、人類の守護の神仏・・・

科学と神仏の世界は密接につながっていますが、私たちの認識では全く別のジャンルです。

 

地球は人類がいなかったらもっと楽に存在しているのではないかと思います。

でも人類がいるから地球も成長しているのだと思います。

1つ前の<宇宙の始まりと終わり>で述べたように、この大宇宙で、ただシンプルに成長を望んでいるのは地球も同じなのです。

 

20170316地球儀

宇宙が大好きです。

宇宙の始まりは、ちょっと前は、

「物質と反物質があって、物質の方がちょっとだけ多かったから宇宙が生れた」

というものでした。

 

最近視聴した番組、村山斉先生の「コズミックフロントネクスト」を参考に気になることをまとめてみました。

 

宇宙には、ダークマター、ダークエネルギーがあってこれらが宇宙の始まりに大きく関係しています。

 

宇宙は、見える物質(原子)が5パーセント、

見えないダークマターが27パーセント、

ダークエネルギーが68パーセント、から成っています。

 

この絶妙なバランスが星や銀河を生成し、数多の生命、そして人類を生み出したということなのです。

星も私たちも、見えるところは、原子から出来ているからです。

 

原子の5倍くらいの量のダークマターは水素などを集める力で、星をつくりだします。

またダークエネルギーは重力とは反対に上に引っ張る力です。

空間が広がるとダークエネルギーも増えるそうで、その謎はまだ解明されていません。

 

でも、私たちの肉体も赤ちゃんから成長して身長も体重も増えていきます。

もちろんそこに細胞が詰まっていて、成長したからと言って細胞が薄まることはないですよね、

宇宙は「膨張宇宙」の名のとおり成長していると言えるのではないでしょうか・・・

 

このダークエネルギーの引っ張る力があるから、ダークマターによって集められた星がほどよい程に散っているということです。

 

ダークマターが多すぎたら、原子が集まりすぎて潰れてしまい全てはブラックホールになってしまう

ダークエネルギーが多すぎたら、原子は集まることが出来ずに全ては(素粒子のまま?)バラバラに拡散してしまう

絶妙なバランスでこの宇宙が生成されているということなのです。

そして宇宙があるから銀河が生れて星があり、そこに生命が生れている・・・

とても希少な世界に生きているのです。

 

さらに、マルチバースという宇宙論があります。

違うタイプの宇宙がたくさん生まれているけど、そのほとんどはダークエネルギーが強すぎて全てはバラバラのままで何も生れていないそうです。

 

地球上には、たくさん卵を産んでもほんの少ししか成長できない生命がたくさんいますよね、もしくは精子が卵子に出会う確率よりもずっとずっと低く・・・

マルチバース理論では、

1の後に0が500個つく数の宇宙が生れているけど

(100000000000000000000000000000000000000000000000000(これで50個です)・・・・・・・・)

その中で極まれにダークエネルギーの量がものすごく小さかったから、私たちの宇宙は生れたのだそうです。

ダークエネルギーが小さい理由の完全な物理法則はまだ見つかっていないそうです。

 

太陽系にハビタブルゾーン(生命居住可能領域)があって、

天の川銀河にもハビタブルゾーンがあって、

超銀河団にもハビタブルゾーンがあるかもしれないと、思っていたところに、

この大宇宙さえももっと大きな何かのハビタブルゾーン?なのか・・・

それとも、マルチバースの中の奇跡の1粒なのか・・・

ヒントは必ず、身近なところ(地球に)あるはず・・・?

 

宇宙は人間という観測者がいるから存在するという説もあるけど、あまりに人間中心で、やはり違和感があります。(説としては面白いけどね〜)

哲学的(オカルト的)思考と科学的思考が一致するところが必ずあるはずだと思うのです。

 

いろいろ説はありますが、人間の使っている「脳」は5〜10パーセントくらいと言われています。

でも使っていないとされる働きは?・・・よく解っていないです。

DNAも3パーセントくらいの解明で、残り97パーセントはジャンクDANと呼ばれよく解っていないのです。

よく解っていないだけで、脳もDNAもすべて必然性を持っていると思われます。

 

さて始まりがあれば終わりもある・・・この宇宙はどんなふうに終わるのか、

星が水素など宇宙にある燃料を使い果たすのは、100兆年も先だそうですが、宇宙の終わりの鍵は、やはりダークエネルギーによるようです。

 

ダークエネルギーの強さが今より強くなって膨張が加速するとすべてがバラバラになって素粒子に戻るのだそうです。

でももし、ダークエネルギーの強さが今と同じくらいだと、この宇宙は永遠に続くのだそうです。

(イメージしにくいですが・・・)

それでも銀河はダークマターのおかげで銀河の形を残していますが、隣の銀河とは遠く離れ、さらに空には1つの星も見えない世界になっていくのだそうです。

 

空にたくさん星があって、銀河のアームである天の川も観測できる豊かな世界に、今、私たちは存在出来ていることが、大宇宙の世界では奇跡らしい・・・

 

ダークエネルギーは、「大いなる宇宙の意志」のようです。

そして、この大宇宙の身体そのもののようです。

その中の細胞よりも小さい存在の私たちですが、ダークマターとダークエネルギーのバランスが程よいほどでなかったら生れていなかったのです。

神仏さえも存在していなかったでしょう。

 

肉体と精神のバランス

挑戦と継続のバランス

引きつける力は出会いになり、手放す力は別れになります。

小さな私たちもあらゆるバランスの上に日常を生きています。

それがすべての「生きる」エネルギーになっています。

 

なんのために私たちは「生きるのか」・・・

ただ、シンプルに「成長するため」にです。

成長はやがて進化になります。

膨張を続け成長する宇宙の中にいる私たちも、存在する理由は同じ「成長」なのです。

 

終わる前に、すべての謎が解き明かされている世界(高次の次元)があると信じて・・・

今はまだ成長している「膨張宇宙」に私たちは生きていきます。

 

それまでに何回、生まれ変われるのでしょうか・・・

「地球」以外の星での経験もいくつもするのでしょうか・・・

神仏界に生まれ変われるくらいになっているのでしょうか・・・

 

20170220ブログ355

思い出して、感慨深い、懐かしい、などの感情になる過去のことを「思い出」と言います。

 

思い出すとその時の感情が蘇り、感慨深い、懐かしい、にならないものは、「思い出」にまだ昇華されていないのです。

 

怒りが一番「思い出」になりにくい・・・

 

悲しみも「思い出」になるには時間がかかりますが、苦しいことは意外にあの時はつらかったと、「思い出」に自然になっていることが多くあります。

 

「思い出」とは、過去のことでありながら、感慨深さと懐かしさを味わう「今ここ」の感情でもあるのです。

 

そして楽しいことより、頑張っていた自分を思い出すと、その時の自分をかわいい、愛しいと、思えてくるのです。

 

さて、今は10年後の自分にとって思い出になることをしているのでしょうか・・・

こんな普通の日常が一番の「思い出」になるのかもしれません。

 

もっと年を重ねたら「思い出」は貴重な宝になるのでしょう。

でもまだ「思い出」しか語れない友だちはいらない・・・

「今ここ」を一緒に創れる人たちと共にいたいと思います。

 

20170218ブログ354

 

 

現在の宇宙科学では宇宙の年齢は約137億年です。

そして地球は約45億年前に生成されました。

生命が息吹き始めたのが約36億年前で霊的には地球の大霊が宿り活動を始めました。

さて、これを現在の人間に例えてみます。

 

世界第一の長寿国、日本の平均寿命は約83才、健康寿命は約75才です。

137億年を一番の長老と考えますと、地球はまだ18才~30才くらいです。

自分の20代を思い出して見てください。

なんかしら「やんちゃな」経験がありますよね~

今よりもっと短気だったりしませんか、

 

よく天変地異がくると神の怒りだ~、と騒ぐ方がいますが神仏とは「働き」です。

雷を起こすカミサマもいれば、雨を降らすカミサマもいます。

すべてが人間の守護をしている(人間に関わっている)神仏ではありません。

(例えば、稲荷神社にお祭りされている稲荷神さまは、基本的には稲穂を元気に成長させてくれる働きを持つカミサマです。けっしてカネ儲けのカミサマではないのです)

神仏も地球と共に在ってその成長を望んでいるのです。

 

人間の守護についてくれている神仏とはとてもありがたい存在です。

そして神仏すらあれーっと思うくらい大元の地球の大霊はまだ若いのです。

火山もあるし、地震もきます。若いからやんちゃなのです。

それは守護の神仏の怒りではないのです。

そんな地球に生きる私たちが不幸にも天災の被害にあっても、すべてが先祖や前世、自分のカルマだと思わないことです。

また神が護ってくれなかったとも思わないことです。

神仏にも守護できることと出来ない場合もあるのです。

 

地球は、ブルっとして、どうなのでしょう?

それはポジティブな躍動?

それともネガティブな恐れ?

どちらにしても私たちは、地球に暮らす生命体で、地球の上なのです。

そしてまだ若いやんちゃな地球を荒らしてしまった人類はこれから時間をかけて調和を取り戻していかないとならないのです。

 

20170209

 

 

 

準惑星として分類されている天体は全部で5つあります。

2006年に公転周期560年のエリスが見つかったことにより冥王星も惑星から準惑星になりました。

冥王星の方がエリスより大きさが小さかったのです。

その際、準惑星として、ケレス、マケマケ、ハウメア、も分類されました。

 

さて、西洋占星術には冥王星はかかせない天体です。

準惑星になってもその象意はこの次元の事象にかかせません。

エリス、マケマケ、ハウメアは、冥王星より外側の公転軌道ですが、ケレスは火星と木星の間のアストロイドベルトの中を周っています。

西洋占星術では、ケレス(セレス)、パラス、ヴェスタ、ジュノーの小惑星が占術にも使われますが、この中でケレスだけが、準惑星として分類されています。

 

2006年(皇紀2666年)は、霊的な意味で特別な年であったこともありこの頃より、ケレスに何か重要な意味があるのかもしれないと推測してみました。

 

占星術ではケレスというよりセレスと発音する方が一般的なようです。

4つの小惑星は「女性性」に分類されます。

その中でポジティブな象意としてのケレスは、

大きくは「大地の母」、身近には「母性」です。

そして「絶対的な愛の原則」を意味しているようです。

 

2016年12月、ケレスに「氷」があることがNASAから発表されました。

「水」は西洋占星術でもタロットでも「愛」の象徴です。

 

これを書いている今(2017年1月30日、午後6時半くらい)ケレスの位置(魚座9度)は、奇しくも月(魚座9度)と海王星(魚座10度)の間にいます。

海王星が魚座にいる時代(2011年~2026年)は、海王星がその威力を一番に発揮するときであり情緒的な「愛」が「慈愛」に昇華されていく「絶対的な愛の原則」を促してくれる時であります。

 

2006年に準惑星に降格した冥王星と昇格したケレスは陰陽関係になっていて、冥王星のような激しい方法ではなくケレスのような穏やかな方法で、私たちの「愛」が地球に充満していくイメージを感じました。

 

ただし、海王星のネガティブな意味は「カオス」です。

「カオス」は「アート」(芸術)にもなるので、何が「カオス」なのか、その定義は難しい・・・

 

こういうことを書いていると、

私たちはどこまでネガティブを受け取っても昇華できるのか、

と考えてしまいがちだけど、

どこまでネガティブを受け取らないでも良いのか、

と考えることも必要な「カオス」な時代でもあるのです。

 

その上で、先月(2016年12月)確認されたケレスの「氷」(最初は光っているモノでした)が「絶対的な愛」の希望として、単に感情的情緒的な愛でなく、フラットな「慈愛」を持てる人になれるように進化していきたいものです。

 

画像は、ケレスの水素の量。

(青)水素の多い領域。(赤)少ない領域

提供:NASA

20170130ceres

あけましておめでとうございます。

 

奇数の年は創造的に・・・

偶数の年は関係的に・・・

私の中にあるリズムです。

 

人間の「喜び」には大きく2つあります。

 

1つは「関係」を持つこと。

代表が「人間関係」です。

豊かな人間関係は人生の充実に繋がります。

家族との関係、友人との関係、仲間との関係、パートナーとの関係、師弟関係、

個人と個人との関係、組織と組織との関係、会社と会社との関係・・・

人間だけではなく「関係」はあらゆる生命や物事にも広がります。

動物との関係、植物との関係、鉱物との関係・・・

 

あらゆる大切なモノとの関係、

それは洋服だったり、陶器だったり、香水だったり・・・

重要なコトとの関係、

それはある史実だったり、天体だったり・・・

 

その「関係」への出会い、深めていく過程に私たちはすべて喜びを感じます。

 

もう1つの喜びは「創造」をすること。

「創造」というと大げさなイメージですが身近な「クリエイト」です。

 

代表が「作品」です。

ナニもない「無」の状態から1つ1つ材料を選んで「作品」を作り上げて行く・・・そんな過程に人は喜びを感じます。

 

そして出来上がったときの「達成感」は素晴らしいものです。

私たちは達成感を得たときに大きな感動、喜びを感じます。

やがてそれは、やりがい、生きがいへと繋がっていくのです。

 

また創造するものはモノとは限りません。

 

自分の中の「指針」だったり、

大きく決意する「意志」だったり、

漠然とした疑問を解き明かしていく「思考」だったり、

それらもすべて「創造」です。

そしてその「答え」は「達成感」と同じです。

 

豊かな人間関係は大きな喜びをもたらし、

何かを創造しているときは大きな生きがいを感じる・・・

去年は人間関係に恵まれた年でした。

2017年は、より創造的になっていきたいと思っています。

 

よろしくお願いいたします。

中川愛友希

 

%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%97%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%97%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99

 

 

クリスマスツリーの頭頂の星は「北極星」です。

クリスマスには、冬至を祝う「星祭り」の意味もあるのです。

遠くの景色が角度が変わると見え方が違うように私たちの太陽系も常に宇宙を旅しています。

北辰(北極星)北斗の方向には神仏(宇宙連合)の最高峰があり、

日本神界には北辰(北極星)北斗から飛来した神仏が多くいらっしゃいます。

例外もありますが、日本の神社のほとんどは本殿が「北」にあり南を背に参拝いたします。

北極星も約13000年前は琴座のベガ星でした。

現在はこぐま座のポラリス星です。

ポラリスは、西暦2100年ころ最も天の北極に近づきます。

そして13700年後にはまだベガ星が北極星になります。

%e3%83%98%e3%82%99%e3%82%ab%e3%82%99%e6%98%9f

ちょっとだけ、アシンメトリーな世界が好き!

シンメトリーな世界は対等で均衡、調和的な配置の世界です。

でもそこにちょっとだけアシンメトリーな要素があるから、この世界は動いていて進化していくのです。

%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%91%ef%bc%93%e3%81%a1%e3%82%87%e3%81%a3%e3%81%a8%e3%81%9f%e3%82%99%e3%81%91%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%a1%e3%83%88%e3%83%aa

人間には「選択権」があります。

しっかりと選択すると(決めると)「意志」になります。

その「意志」が天地自然の道理にかなっているものなら神仏の後押しをいただけます。

 

選択が間違っていたかもしれない、と思うこともあるでしょう。

納得がいかない結果を招いた場合、人は悩みます。

そんなとき、その選択をするまでにどれだけ考えて悩んだかを思い出してください。

その過程こそが人間の「力」であり、人間の「愛」であり、人間の「働き」なのです。

結果(目的)ではなく過程(働き)が人生を作っているのです。

気付きがあったらまたしっかりと考えて方向(選択)を修正すれば良いのです。

 

神仏も人間も宇宙の「働き」の1つです。

「働き」とはすべて過程になります。

「選択」とは方向になります。

私たちのそれぞれの個性は宇宙の1つの「働き」なのです。

それは肉体を離れた後も変わることはないのです。

 

%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%90%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%ef%bc%93%ef%bc%94%ef%bc%98

ブログ<偉大なるモーリス・ホワイト>No.31

http://nakagawaharumi.jp/?p=3002

にも書きましたが、

Earth、Wind & Fire の名前の由来はモーリスのホロスコープから来ています。

宇宙の四大要素である火(プラズマ)、地(個体)、風(気体)、水(液体)のうちモーリスのホロスコープには「水」がなかったのでついた名前なのですが、

なんでモーリスは「ピラミッド」にこだわっていたのか・・・

宇宙から地球救済のためにやってきたモーリスは、当然「ピラミッド」パワーを知っていたとは思いますが、FBで見つけたこの映像を思い出しました。

それは5つしかない正多面体、別名「プラトン立体」です。

%e7%81%ab%e5%9c%b0%e9%a2%a8%e6%b0%b4

西洋占星術では4つのエレメントがありますが、第5のエレメントは扱っていません。

西洋ではこれに「エーテル」を加えて5番目の要素とし、仏教の五行学では「空」としています。(東洋系の占いの五行学とは違います)

これから西洋占星術でも「空」の要素を考えていくことが課題であると思います。

この世界の構成要素である「火」「地」「風」「水」「空」がプラトン立体で表されています。

モーリスは射手座で「火」のサインです。

射手座の守護星は「木星」でアースのアルバムにはよく「♃」のマークが使われています。

「木星」は「地球」に来る前に隕石や彗星などから護ってくれる有り難い惑星です。

西洋占星術では最大の守護と幸運をもたらす天体として扱います。

Earth、Wind & Fire のアルバム「ALL’N ALL」では「Jupiter」が収録されています。

ジャケットにはピラミッドと「♃」のマークが描かれています。

裏面にはピラミッドが2つ重なった「風」のプラトン立体である正八面体が描かれています。

この絵を描いた日本人画家の長岡秀星さん(1936.11.26生れ、2015.6.23没)もまた射手座生れであってモーリスと通じるところが強かったと思われます。

https://www.youtube.com/watch?v=9VjgGIS4yo4

%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%97allnall%e8%a3%8f