西洋占星術で扱うホロスコープには天体同士の角度を調べます。

360度を2で割って、180度、オポジション

360度を3で割って、120度、トリン

360度を4で割って、90度、スクエア

360度を6で割って、60度、セクステル

そして同じ位置にいる0度は、360度を1で割って、360度、

もしくは360度を0で割って、0度で360度(0度)は、コンジャンクションになります。

これらはメジャーアスペクト、第一種アスペクトと呼ばれます。

さて、マイナーアスペクト(影響力がメジャーアスペクトほどない)の中に、

360度を5で割って、72度、クィンテイルという角度があります。

五芒星を描く中心からの角度です。

五芒星にパワーがあるのはそこに黄金比ファイΦが畳み込まれているからです。

FBアカウントをお持ちの方は以下をご覧ください)

https://www.facebook.com/JonathanQuintinArt%20/videos/554289754587787/

360度を5で割って、72度、クィンテイル

360度を10で割って、36度、セミクィンテイル

360度を5で割って、2を掛ける、144度、バイクィンテイル

これらの意味に共通することは「他者からの援助」で、応援を得られるとする角度なのです。

 

 

お釈迦さまの入没後56億7000千万年後に世の中を救いに来てくださるのが弥勒菩薩さま(マイトレーヤさま)と言われています。

フェニックス銀河団(宇宙の中心方向)は約57億光年(56億7年万光年?)離れています。

宇宙の中心方向にあってさらにその中心の巨大なブラックホール付近では1年間に740個もの恒星を生成しています。

ちなみに私たちの天の川銀河の中心にもブラックホールが見つかっていますが1年間に1個くらいしか恒星を生成できません。
(ブラックホールは死と誕生の天体であることはまた別途書きたいと思います)

フェニックス・・・鳳凰・・・ミロクさま?

私たちと同じ宇宙に存在する偉大なご存在たちは、ここからもいらしているかもしれません・・・

また古来より「泰平の世には鳳凰が舞う」と言われいます。

地球に飛来している地球と人類を助ける存在たちの比喩がミロクさまであって、数霊は369でした。

下記は過去のブログです。

同じ数字が3つ重なるとき、他者からの助け、守護の神仏の応援をいただいている可能性が高いのです。

とくに、333,666,999のときはミロクさまであるかもしれません。

http://nakagawaharumi.jp/?p=2635

話を占星術に戻します。

ホロスコープに天体同士の36度、72度、144度(オーブは1度以下)があったら、その天体やハウスに通じる意味があなたを助けています。

ホロスコープの星を通じて宇宙からの応援もいただいていると想定できます。

しかし第三種アスペクトなので日常的には気がつかない応援なのです。

3次元地球で開運していくには、最一種のアスペクトを使えないとならないので、120度、60度ではチャンスを活かし、90度のピンチはチャンスに変えて、180度は乗り越えて大吉に転じていくようにホロスコープが示す人生を味わっていくのです。

 

 

 

 

タマシイが地球以外の前世をもつ人のことをETソウルと私は呼んでいます。

ETソウルは、目に見えない世界、宇宙や神仏、宇宙人に強く興味を持ちますが、神仏に強い興味を持つ場合と、宇宙人に強い興味をもつ場合があります。

日本人なのに伝統的な神社仏閣(仏教や古神道)より、大天使や妖精に親しみを感じる人もいます。

地球は現在、70億以上の人類がいて、神仏はその10倍以上いらっしゃるようですが(神仏は「働き」なのですべてが人間の守護とは限りません)、おそらくこんなに人類も神仏も人口が密集している星は宇宙には少ないのではないでしょうか・・・

神仏にはあまり興味がなく宇宙人(宇宙存在)に興味が強いETソウルは神仏がこんなにたくさんいて共に生きている星の経験がないのでしょう。

高度な星では神仏が、たくさんいないとならないこともないのでしょうから・・・

地球(とくに日本には神社という窓がある)にはたくさんの神仏がいらっしゃいます。

ご縁のある神社や、家系の菩提寺、宗旨の総本山にはお参りに行きたいですね、

身近な神社仏閣がピンとこない方は、大きなところ、伊勢神宮や出雲大社、奈良の東大寺、どんな宗派も受け入れてくれる浄土真宗(築地本願寺)、原始キリスト教の流れを持つニコライ堂に、行かれると良いと思います。

 

お正月にご縁のある神社を参拝しておみくじを引いた方も多かったことと思います。

おみくじは神社によって何種類かのうちの1つを引くわけですが同じ「吉」でも言葉が違います。

そしてもし「凶」を引いてしまっても受け取った内容に思い当たる節があればそれを教えてくれているということで、未来が「凶」になる、と言っているわけではありません。

受け取った人間が自分の今に照らし合わせて気付きがあれば良いのです。

お正月やお客さまのお誕生日近辺には、易を立てる機会があるのですが、64卦の中にはおみくじでいうところの「吉」や「凶」があります。

「易経」(丸山松幸氏訳、徳間書店)という本を参考にその人に現れた卦を読み解いていくのですが、難卦と呼ばれる「凶」の厳しい卦の解説には「大物には吉」となっています。

素晴らしい解説です。

おみくじも大凶は大吉に通じるというし、西洋占星術でも180度のオポジション(星が真反対にいる)はハードアスペクトといって緊張状態ですが、これも大凶が大吉の可能性を秘めた配置であると読みます。

しかしこれは大物の人物にだけ当てはまる言葉のようです。

大物とは、その言葉とおりに懐の大きい人です。

どんな苦境にも、前向きであること、謙虚であることと、自分への自信を失わないこと、それがあれば乗り切っていける大物であると言えます。

中国で古くから伝えられている「易経」の教えは今の人間にも通じるおみくじの豪華版なのでたまに立てさせていただいています。

 

月食と日食は、黄道と白道の交点で起こります。

二つの軌道が重なったところなので2点あります。

西洋占星術ではノースノード(ドラゴンズヘッド)、サウスノード(ドラゴンズテール)と呼ばれ、インド占星術では、ケツゥ、ラーシと呼ばれています。

中国占星術では、計都星(けいとせい)、羅喉星(らごうせい)に由来があり、地球に生きる私たちには大きく影響があると考えられてきました。

日食なら、どちらかのノードに太陽と月が入ります。

月食なら、太陽と月が片方ずつのノードに入ることになります。

今回のスーパーブルーブラッドムーン(皆既月食)は月の方がノースノードに入って起こりました。

西洋占星術での意味に「ご縁の窓口」があります。

ノースノードは過去世からの良きご縁をもたらす窓であり、

サウスノードは過去世からの逆縁(さかえん)をカルマ昇華するご縁の窓になります。

逆縁といっても必ずしも悪縁とは限りません。

その人の人生に必要なご縁であることには違いないのです。

サウスノードには太陽がいますが、もともと太陽系の主人は「太陽」です。

今回の皆既月食はノースノードに月がいて、月とともに良縁の窓が開いて地球に降り注いだのです。

太陽が自ら太陽系の改革(カルマ昇華)を地球を通じて行っているように感じました。

そしてもちろん、キーを握るのは我々人類です。

地球と月との距離は、約35万7000Km~40万6000Kmに変化します。

スーパームーンとは最も近いところで起きる満月になります。

太陽の光を受けた最も近いところにいる満月をクリーニングするように私たちの地球が遮っていきました。

真っ赤になったお月さまは地球のカルマの投影のようです。

ノースノードに重なった満月が地球に良きご縁をもたらしてくれるので月的なことを心がけます。

 

月は女性性の代表であり、太陰の大神さまの代表です。
(太陽は男性性、太「陽」の大神さまの代表)

西洋占星術では、月は人や物事を育てること、育成を担っています。

タロットカードでは14番の「節制」(Temperance)になります。

また月は、性格分析をするときは「感情」の表し方などになり、感情そのものにも大きく影響を与えます。

良きご縁を呼び寄せるには、何かを育てようとすること、感情をコントロールすること、が特に大事になります。

東洋の歴では節分からが新しい年の始まりになります。

今年(2018年)は、2月4日からです。

そして本日、2月1日は、天赦日で一粒万倍日という特別な縁起の良い日になっています。

天赦日とは「百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日」(wikipediaより)とされていて立冬から立春までの甲子の日になります。

「甲子」(きのえね)は60干支の始まりであり、まさに昨日の皆既月食から新しい「時間」と「空間」になったようです。

余談ですが私は本日、新しいお財布を下ろそうと思っています(笑)

良きご縁は金運ももたらしますが、自分の中で自分のここを育てたいと思うこと、そして身近な人を見守ってその関係を育てることも心がけて行きたいと思います。

写真は「もり鍼灸治療院」森雅隆さん提供です。

森さんには西洋占星術とタロットカードを教えました。

西洋占星術とタロットもできる鍼灸医さんです。

「もり鍼灸治療院」

http://moritomo.okoshi-yasu.com/

 

 

 

天の川銀河の中心方向へ25000光年、射手座に位置するピストルスターは、見つかっている宇宙で最も明るい恒星で超巨星(高光度青色変光星)です。

(しかし2004年に発見されたLBV1806-20に一番明るい星の座を譲ることになりましたが、この星は連星でまだよくわかっていないそうです)

「明るい」ということは「赤色」ではなく「青色」になりますが超巨星は赤色超巨星が多く青色の超巨星は少ないです。

地球からみえる見た目に一番明るい星はおおいぬ座のシリウスになりますが、宇宙に輝く恒星の中で一番明るい星ということになります。

見た目に明るい恒星には、太陽を筆頭にシリウス(おおいぬ座)、カノープス(りゅうこつ座)、アルクトゥルス(うしかい座)、ベガ(こと座)などがあります。

ピストルスターは、太陽の約160万倍の光度で半径は太陽の約300倍あります。

もし、ピストルスターが太陽の位置にあったとしたら火星の軌道付近まである大きさです。

誕生当時の質量は太陽の200倍以上、現在も太陽の27.5倍の質量があると考えられています。

しかし銀河の中心方向にあるため暗黒星雲などの星間物質が妨げになっていて地球からの目視は不可能で1990年にハッブル宇宙望遠鏡によって発見されました。

このような大質量星の寿命は短い・・・

ピストルスターは300万年前くらいに生れたものと考えられていて、100万年~300万年後には超新星爆発すると予想されています。

(参考:wikipedia

太陽の寿命が約100億年あると考えると、ピストルスターの寿命はとても短いです。

ものすごい勢いで輝いて散っていく星・・・

この宇宙で生れてそして転生していくのは星も同じ・・・

星も生き方があるのでしょう・・・

火星と木星の間にはアステロイドベルトという小惑星が集まった帯があります。

その中で大きな4つを西洋占星術では、ケレス(セレス)、パレス、ジュノー、ヴェスタと名付けています。

ケレスだけは小惑星としてではなく、冥王星、そして冥王星のさらに外に軌道をもつエリス、ハウメア、メケメケと同様に準惑星に指定されています。

SFのような情報には、太古の昔、火星と木星が戦争をしてその間にあった惑星が壊れてしまったとか、火星と木星の間にあった星がオーバーテクノロジーによって滅んでしまったとか、ありますが、私が不思議に思うのはギリシャ神話です。

 

太陽系では恒星である「太陽」がもちろん中心であります。

神道では天照大神さま、仏教では大日如来さま、がそれぞれ「太陽」を象徴している最高存在になります。

しかしギリシャ神話では最高神であるゼウスさまは木星を象徴している最高存在になります。

太陽神であるアポロンはゼウスの息子で、木星の方が太陽より格が上になっています。

「火星」を象徴しているアレスもゼウスの息子ですが、破壊と戦争の神でネガティブな存在になってしまっています。

そしてゼウスのお姉さんにあたるデメテルはなんとアステロイドベルトの準惑星「ケレス」が象徴している女神さまになります。

さらに「冥王星」が象徴しているハデス、「海王星」が象徴しているポセイドン、共にゼウスの兄になります。

「天王星」が象徴しているウラノスは天空の神となっていて宇宙を統べた原初の神であり、「土星」が象徴しているクロノスはゼウスの父でウラノスの次に天空を統べた神ということになっています。

考察するといろいろと気づくことがあるのですが、一番、気になることは木星より遠い星の方がゼウスの父や兄になっています。

そして天王星が象徴しているウラノスは、ゼウスの父クロノスによって大変な(男根を切り落とされた)目にあいます。
天王星の自転軸が約90度も傾いている謎について科学的にまだよく解明されていませんが、この強烈なギリシャ神話にも何か隠れていそうです。

 

北斗七星に対して南斗六星があります。

南斗六星は射手座に属し、射手座の守護聖(支配星)は木星になります。

西洋占星術で「木星」は、発展と福音を運ぶ最大の吉星として扱われます。

太陽は本質的な事柄の中心となるので、外的な要因として木星のアスペクトが良いときに運気が良く楽しいときと読みます。

古来、北辰北斗から日本神界に飛来している神仏が多いと言いますが、南斗六星から飛来している神仏もいらっしゃることでしょう。

木星は南斗六星からの神仏とのご縁をつなぐ天体であるとともにギリシャ神話に象徴されるように太陽系とは別の超古代の神々の中心であったと思われます。

太陽系と木星系があったとして、そこに「何か」が起きて天王星は自転軸が横倒しになり、火星と木星の間にあった星が壊れてしまったのかもしれません。

 

それぞれの天体には星の大霊が宿っており「働き」として国常立大神さまが顕現されます。

その星のご祀神です。

超太古の昔に「何か」があったかもしれませんが、今は太陽系が1つの生命体として天の川銀河の一員になっています。

2017年12月9日〜2018年1月26日まで火星は蠍座にいて木星と共にいます。

西洋占星術では同じエレメントの守護星同士は親和性が高く違和感を感じません。

太陽、木星、火星、ともに「火」のエレメントの守護星です。

(牡羊座=火星、獅子座=太陽、射手座=木星)

太陽が象徴する「意志」に木星が「援助」をし、火星がさらなる「活力」を与えてくれるのです。

神々の働きと星の象徴が重なって私たちに気づきやチャンスを与えてくれているのです。

写真は、木星と木星の衛星、ガニメデ、カリスト、イオ、エウロパ、と火星

 

 

私たちの地球も宇宙空間では立派な天体!

火星の地表からの地球・・・

火星探査機からの画像です。

(他の2つは金星と木星らしい)

2012年8月に着陸した火星探査機キュリオシティが最新です。

 

 

土星のリングの間からの地球・・・

1977年に打ち上げられて2017年に土星の大気圏に突入した(涙)探査機カッシーニからの最後の画像

つくづく太陽系は1つの生命体であると実感します。

 

1977年8月に打ち上げられたVoyager2号は、現在地球から約161億Km離れたところにいます。


冥王星までが約48億Kmなので太陽系からずっと離れています。

ちなみに冥王星まで光の速度で、約4.44時間、Voyager2号まで約14.9時間かかります。

なんと、Voyager2号が宇宙人にハッキングされた?ようなのです。

地球からのハッキングは距離的には無理だそうです。

Voyager2号は、人類から未知の宇宙人類へとメッセージを積んでいます。

それを「見たよ」ってメッセージかもしれません・・・

http://www.untold-universe.org/2017/02/voyager-2-may-have-been-hacked-as-it.html

 

 

 

お月さまが本来の座である蟹座で起こる満月は、山羊座の季節です。

しかも今回の満月は4ハウスにあって天底から山羊座の太陽を突き上げています。

これまた本来の座にいる魚座の海王星、蠍座の火星と共にグランドトリンを形成しています。

西洋占星術ではアスペクト(天体同士の角度)を見るときに接近(アプライ)と分離(セパレート)があって、未来を予測するときにはアプライのアスペクトが重要になります。

この満月図は特別で、山羊座の太陽も蟹座の月もアプライの良いアスペクトに恵まれています。

地のサイン(山羊座、乙女座、牡牛座)は社会的な面で、

水のサイン(蟹座、魚座、蠍座)はプライベートな面で、

次の満月までしっかりと充実できそうです。

火のサイン(牡羊座、射手座、獅子座)は自分にとって必要な新たな発見が期待できそうです。

風のサイン(天秤座、双子座、水瓶座)は満月図には天体が位置していません。

非常にフラットな状態であるので、普通に過ごすのが一番と言えましょう。

マンデン占星術に置き変えると日本は天秤座に象徴される国になります。

日本人はフラットに普通に過ごすのが良いと言えます。

1ハウスを日本国、6ハウスを国防、9ハウスを外国と読んだ場合、6ハウスルーラー水星が1ハウスの天王星に120度のアプライがあって国力を護るために知恵を尽くす良き暗示があります。

10ハウスの太陽を天皇陛下と読むと金星と共にあって国民に愛され尊敬されている証がここに堂々と現れています。

2019年に譲位が決まった陛下を表すように太陽は冥王星にアプライの0度を作っていきます。

冥王星は新しい天皇陛下が生まれる暗示でもあります。

知らず知らずに私たちは激動の時代を生きています。

一人一人それぞれの生き方を大切にしつつ、真の調和を目指して行きたい・・・

 

神仏とは、高次の「働き」そのものです。

お名前そのものがお働きを表す場合も多いです。

さて私たちには、個性があってそれが「働き」となっていますが「働き」には目的がありその究極が「天命」となります。

 

神(かみ)とは、「火」(か)と「水」(み)が元になっています。

「火」は上に舞い上がって「縦」の軸となり、「水」は水平に広がって「横」の軸となり、縦と横が合わさって「十字」になります。

「十字」は神を表し私たちの内在神である一霊四魂を表しています。

一霊四魂とは、胸の中心に直霊(なおひ)、直霊の前に幸魂(さきみたま)、直霊の後ろに荒魂(あらみたま)、直霊の下に(丹田)和魂(にぎみたま)、直霊の上に(眉間)奇魂(くしみたま)になり宿した存在が人間です。

メインの内在神である直霊を誰もが分け御霊されています。

分け御霊を下さった直霊の大神さまが別名スーパーハイヤーセルフになります。

高次元の自分自身なのですが肉体をもった人間意識とは別になります。

どのような働きをもった神仏が分け御霊をくださったかは、それぞれ異なりますが同じ神仏に分け御霊されている人間もいます。

 

更に「占い」の世界からは個性を知ることができます。

「占い」の世界とは、原則の世界に通じるものです。

多くの占いはその人間の生年月日、日時と場所から割り出すことが多いですが地球に肉体をもって顕現した今生の「働き」がそこには記されているからです。

さらには親から授かった名前にも「働き」が隠されていますが、生年月日が占める働きの方が大きいので、本名とは別に新たな名前を創って己の働きに磨きをかけることも可能です。

 

大元の神、神(かみ)の「火」と「水」には、深い意味があります。

なぜなら、「火」と「水」は通常、相容れない働きをするからです。

単純に考えると、「火」は「水」に消されてしまいます。

大きすぎる「火」は「水」を蒸発させてしまいます。

毎日のお風呂は、人間の身体にとって程よい温度の「お湯」です。

これは「火」と「水」が調和した働きの現れです。

美味しいお料理もやはり「火」と「水」が元になって作れます。

相容れない「働き」を最高の調和にできる働きこそが「神」なのです。

 

「働き」そのものに善悪はありません。

私たちは一霊四魂という最低でも5つの神仏の働きを宿しています。

(詳しくは陰陽(神と仏)があるので10です)

もともと矛盾した働きをかかえているのが人間です。

神と同じです。

大事なのは動機と使い方なのです。

そのためにはまず自分の働きを自覚しておかないとなりません。

さらには自分の周りの人間の「働き」も解っておかないとなりません。

理解した上で認めて初めて本物の「調和」が訪れるのです。

 

 

見せかけだけの優しい気持ちになって相手を受容するだけでは本物の調和ではないのです。

自分では調和を目指しているつもりでも、ただの犠牲になっているだけなのです。

戦争になりそうな世界情勢の中で、まずは何が起きているか知ること(TVや新聞だけではダメです)、そして自分の働きを知ること、それを実践すること、その上での調和です。

調和できそうにない相手には距離をおくこと、それも必要です。

まだまだ人類は高次の宇宙人類に向けて進化を踏み出したばかりなのです。