奈良での2日目は長谷寺に足を運びました。

2泊3日の京都奈良の旅は、西本願寺と知恩院、福智院、法隆寺と中宮寺への参拝が一番の目的でした。

出発前に石上神宮も行きたいなと思いつき、八坂神社は知恩院のすぐ近くでしたので思いがけずお参りできましたが、最後の日のスケジュールは決めていませんでした。

同行した友人たちと「明日はどこにいこうかね~」と前日も1日遅れの誕生日の乾杯をしてもらいながら(2日目から旅の仲間がみんな揃いました)「長谷寺に行きないね~」と決まりました。

同行者の中に詳しい人がいて教えてくれました。

鎌倉の長谷寺の十一面観世音菩薩さまと奈良の長谷寺の十一面観世音菩薩さまは、実は同じ時期に造られていて片方を海に流して流れついたの方が、鎌倉の長谷寺の十一面観世音菩薩像であるということなのです。

鎌倉の長谷寺では年に一度、毎年12月18日だけ十一面観世音菩薩さまのおみ足に触れることができて、衆生をお救いくださいます。

「十八日」は観世音菩薩さまの日であるということですが、「三十日秘仏」というのがあって「十八日」は観世音菩薩さまになっています。

長谷寺に着くとまた嬉しいことがありました。

知らないでいきましたが、なんと十一面観世音菩薩さまのおみ足に触れることができる御開帳の期間でした。

そしてその期間の中で、奇しくも観世音菩薩さまの「十八日」です。

お堂の中で下に降りてゆくと、はてまた圧巻の10メートルもある十一面観世音菩薩さまが立っておられました。

20170418長谷寺観音さま

神社仏閣を含めパワースポットと呼ばれるところには、樹木、石、お像などに触れることができるところがあります。

しかし、私はよほどでないと触りません。

3次元では肉体を通じていろいろな波動、思念、氣を受けます。

「触る」ということで、より顕著になるからです。

騒がれているパワースポットだからといってその人に合った良い波動ばかりではないのです。

「触れる」という行為には注意が必要なのです。

しかし、圧倒的なパワーと慈愛の十一面観世音菩薩さまにお会いしたときに「衆生をお救いください・・・」と自然にこみ上げてきて、おみ足に少し触れさせていただきました。

「有り難い」気持ちで一杯になりました。

<京都奈良旅の記録(7)>につづく・・・

京都奈良の旅、2日目の最終は、法隆寺と中宮寺です。

法隆寺と中宮寺は隣接していますので歩いて移動できます。

天気予報ではずっと雨のはずでしたが、福智院と石上神宮ではそんなに降っていませんでした。

法隆寺につくとシトシトと降ってきました。

法隆寺の夢殿には「救世観世音菩薩さま」がいます。

年に2回、春と秋に1ヶ月くらいずつご開帳期間があります。

中宮寺には「如意輪観音菩薩さま」がいます。

どちらも観世音菩薩さまです。

観世音菩薩さまは、聖観音菩薩さまが一番シンプルな観音様の最初のお姿(お働き)で、千手観世音菩薩さま、十一面観世音菩薩さま、そして十一面千手千眼観世音菩薩さま、へと働きが増し、進化していきます。

また観世音菩薩さまと地蔵菩薩さまは、天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、修羅道、の六道に通じ、衆生をお救いくださります。

地蔵菩薩さまの方がより深く降りてゆかれ、それぞれの働きによってお名前も違います。

天道・・・如意輪観世音菩薩

人間道・・准胝観音菩薩、不空羂索観世音菩薩

修羅道・・十一面観世音菩薩

畜生道・・馬頭観世音菩薩

餓鬼道・・千手観世音菩薩

地獄道・・聖観世音菩薩

天道・・・大堅固地蔵大菩薩

人間道・・大清浄地蔵大菩薩

修羅道・・清浄無垢地蔵大菩薩

畜生道・・大光明地蔵大菩薩

餓鬼道・・大徳清浄地蔵大菩薩

地獄道・・大定智悲地蔵大菩薩

魔界・・・魔界をも救済する地蔵大菩薩

<京都奈良旅の記録(3)福智院>のところで書きましたように、現在、天の岩戸開きの最中でミロクさまたちがたくさん飛来していますが、もともと昔から地球に来られていたミロクさまたちも目覚めています。

夢殿の救世観世音菩薩さまのお名前は特別で「世界を救う」になります。

救世観世音菩薩さまはミロクさまで、さまざまに変化した観世音菩薩さまたちもミロクの働きをされているのです。

地蔵菩薩さまは「地球」なので特別ですが、その他の仏尊さまたちはもともと宇宙存在ですので、ミロクの働きをされていることが想定できるのです。

御開帳期間に救世観世音菩薩さまにご開運を申し上げるのは今回で2度目です。

雨のおかげで、中が暗いので夢殿の中に電気が灯りました。

晴れた日に参拝するより、しっかりと救世観世音菩薩さまのお顔を拝むことが出来ました。

夢殿のてっぺんのモチーフは「星」と思われます。

私は「ベガ星」だと思っていますが北極星だと思われます。

(ベガ星は紀元前11500年は北極星で、西暦13000年ころまた北極星になります。)

仏尊さまたちが宇宙存在であることの証の1つです。

20170417夢殿星

続いて雨の中、中宮寺に移動しました。

昨日の西本願寺のように人がなにやらたくさんいます。

入れそうもないくらいにひしめき合っています。

こんなことは初めてでしたが、うろうろしていると、受付の方が「早く早く~」と手招いています。

拝殿に上がると法隆寺の御坊さまが自ら、特別な檀家さんたちを案内していました。

なんと、如意輪観音菩薩像の周り360度を拝観しています。

受付の人が気を利かしてくれて私たちを便乗させてくれたのです。

如意輪観音菩薩さまの横からのお姿、後ろ姿、を初めて拝むことが出来ました。

そして真ん前からは座ってしっかりとご開運を祈らせていただきました。

その後、中宮寺のお土産やさんで店員さんと雑談になって、数年に一度?くらい、如意輪観音菩薩さまの周りを拝観できることがあるそうですが、滅多にない大変ラッキーなことであったと教えてくれました。

和三盆が大変に美味しいということで甘いものは苦手な私も買って帰りました。

上品な甘さでブラックコーヒーに合わせていただきました。

<京都奈良旅の記録(6)>につづく・・・

20170417中宮寺1

奈良に移動した私たちは、圧巻の地蔵大佛さまの福智院を後にして、今後は石上神宮に向かいました。

石上神宮とかいて「イソノカミジングウ」と読みます。

20170417石上神宮6

神さまのことを、国津神と天津神、という言い方をしたり、出雲系と天孫系、と言い方をすることがあります。

これは古き神と新しき神を分けた言い方になります。

古き神には、もともと地球にいた神さまと180万年前くらいに別な星系から降臨した神さまがいます。

新しき神は、数万年前くらいに降臨した神さま、と私は認識しています。

「古事記」「先代旧事本紀」は古き神さまを中心に、「日本書紀」は新しき神さまを中心にした歴史書のようですが、人間と同じで書かれていることがすべて本当にあったことかは解りません(笑)

DNAの4つの塩基(アデニン、グアニン、シトシン、チミン)は自然の中で勝手には生れたものではありません。

科学的にもかなり無理な想定なのです。

ここには、神さまと高次の宇宙存在(宇宙人)の介入があると私は思っています。

その意図に関していろいろと説がありますが、「風の谷のナウシカ(漫画版)」と同じで、大事なのは「生命が存在していて、進化している」ということなのです。

神さまと高次の宇宙人を同一視している方も多いですが、それは違うと思っています。

なぜなら宇宙人にも一霊四魂という内在神があって、一霊四魂は、日本人の言葉を使うと「神さま」と「仏尊さま」からいただいて成っているからです。

それに私たちも地球を出れば立派な宇宙人ですので(笑)

人類のDNAは95%が眠っていて詳しく開明されていません。

現在、3重のらせん構造を持った子供が生れているようです。

ミロクの世であり天岩戸開きの真っ最中である現在、DNAが飛躍的に進化してもおかしくはありません。

私たちが知らないだけで、神仏や高次の宇宙存在の介入があってもおかしくはないのです。

石神神宮には、古き神さまが祭られています。

奈良市布留町という地名で布留御魂大神さまという神さまが祭られています。

布留は「振る」に通じていて、地球のタマフリ(歳差運動)に古き神さまが関係していることがうかがえます。

タマフリの主体は十種瑞宝(とくさみずのみちから)の起死回生霊力を表して言うようです。

以下wikipediaより

十種神宝(とくさのかんだから)とは、『先代旧事本紀』の天孫本紀(巻3)に登場する天璽瑞宝十種(あまつしるしみずたからとくさ)を指す。記述によると饒速日命(にぎはやひのみこと)が天降りする際に、天神御祖(あまつかみみおや)から授けられたとする。

拝殿の向かい側の丘に摂社・末社が鎮座していて、拝殿よりも高い位置にあります。

このような場合は重要な神さまを祀っている場合が多いのです。

ご開運を申し上げると、素晴らしい「氣」に包まれました。

同行した皆、清々しくも力強い「氣」を感じました。

<京都奈良旅の記録(5)>につづく・・・

20170417石上神宮3

私が3年間通った幼稚園はお寺さんがしていました。

真言宗豊山派のお寺の境内で、六地蔵さまに見守られながら遊んだものです。

「お地蔵さん」と呼ばれ親しまれていますが正式名は地蔵菩薩(クシティガルバ)さまです。

菩薩でありながら、地獄までも降りて行き、衆生を救ってくださる特別な仏尊さまです。

通常、明王クラスでないと地獄まで降りていけません。

地蔵菩薩さまが地獄でお働きになっているときの姿の1つが閻魔大王です。

地蔵菩薩さまのお名前は「地」の「蔵」です。

生きとし生けるものにとっては、当たり前すぎて意識すらしていないけど、「地球」の「地」がなかったら肉体を持って存在できません。

つまり、地蔵菩薩さまは「地球」の仏界にとって重要な仏尊さまなのです。

京都奈良の旅の2日目は、奈良に移動してまずは福智院を訪れました。

福智院には地蔵菩薩像として地蔵大佛と呼ばれているお地蔵さまがいらっしゃいます。

訪れた私たちは地蔵大佛さまの圧巻の大きさと限りない慈愛に包まれました。

台座からの総高は6.6mもあります。

曼荼羅も背負ってらしてそこには500体もの化仏と六地蔵と本体を入れると567体のお地蔵さまになります。

釈迦滅後、56億7000万年後に下生するという弥勒信仰の数と同じになります。

福智院で案内をしてくださった方が、

「通常、菩薩さまは立っていて座って良いのは如来さまだけのはずであるけど、このお地蔵さまは座ってらして、さらに曼荼羅を背負っておられるのも如来さまだけで菩薩さまは単体(本体だけ)であるはずなのに、このお地蔵さまは曼荼羅も背負われています。2つもルールが違う菩薩さまなのです(笑)」

と説明してくれました。

実は、現在ミロクの世の真っ只中に私たちは生きているのです。

ミロクさまと呼ばれるご存在たちは銀河系の他の星系から、となりのアンドロメダ銀河から、そして56億7000万光年離れた大宇宙の中心にある超銀河団からもこの地球に訪れているかもしれません。

ミロク、数字に置き換えると、369、または、36、

その言葉のとおり、身(真ん中)が6で、369、567、

釈迦滅後、56億7000万年後に下生するという、567、

3つの6で、666、6+6+6=18、もミロクさまの数霊になります。

地球以外から地球と人類を助けに訪れているご存在たちとは別に、地蔵菩薩さまは「地球」そのものでもあり、自ら地球を救うために「地」の底から復活しミロクの一員として働くことを表しているのではないでしょうか・・・

福智院の地蔵大佛さまこそ、「お地蔵さん」と呼ばれ道端で慣れ親しまれている地蔵大菩薩さまの如来としての本来のお姿なのだと思いました。

<京都奈良旅の記録(4)>につづく・・・

20170417福智院地蔵菩薩

知恩院から少し歩くと八坂神社です。

枝垂れ桜はまだ咲いていましたが、境内は、散った桜の道が出来ていました。

八坂神社は全国の約3000社の八坂神社の総本宮になります。

八坂神社が産土神社や鎮守神社の方は京都東山の八坂神社を一度は訪れると良いでしょう。

山田雅晴氏の著書で「ムーとユダヤ、そしてシリウス・プレアデス・オリオンの宇宙神々の系譜」(ヒカルランド)には大変興味深く書かれています。

八坂神社の祗園祭はユダヤとの繋がりがあるようです。

旅の初日は、西本願寺、知恩院、そして、八坂神社、を参拝しました。

仏閣の仏尊さまは「陰」のご存在、神社の神さまは「陽」のご存在ですが、「陰」と「陽」両方のご開運を祈ってこの日は京都に泊まりました。

<京都奈良旅の記録(3)>につづく・・・

20170416八坂神社

見えない世界からの守護はどんな人でもいただいています。

霊能者と呼ばれる人は、特別な存在に力をもらうこともありますが、先祖はもとよりその人のルーツの神仏に応援や守護をもらうことが一番安全なのです。

特別な力にあこがれたり、すごい霊能を見せつけられると、自分のルーツではない存在を信望してしまうことがありますが、あくまで見えない世界の応援は自分のルーツの神仏、そして先祖であることが望ましいのです。

日本人であれば(日本で生れていれば外国人であっても)、その人を生れたときから守護してくれている産土の大神さまがいる産土神社という神社があります。

海外で生れた人や外国人の場合も産土の働きをしている神仏はいますが、日本で生まれると全国に神社があるので解りやすいのです。

私たちは、神社の神さまだけではなく、仏教を通じて仏尊さまからも守護をいただいています。

自分の家の宗派(神道の家もありますが)が何宗であるか解っていると、仏尊さまからの守護も受けられやすいことになります。

以下は代表的な宗派、開祖、総本山、主尊です。

真言宗 :空海さま、高野山金剛峯寺、大日如来さま

天台宗 :最澄さま、比叡山延暦寺、久遠実成無作の本仏さま、釈迦牟尼仏さま、阿弥陀如来さま、薬師如来さま、大日如来さま、観世音菩薩さま

浄土宗 :法然さま、京都知恩院、阿弥陀如来さま、観世音菩薩さま、勢至菩薩さま

浄土真宗:親鸞さま、京都西本願寺(本願寺派)京都東本願寺(大谷派)、阿弥陀如来さま

臨済宗 :栄西さま、京都建仁寺、釈迦如来さま、文殊菩薩さま、地蔵菩薩さま、観世音菩薩さま

曹洞宗 :道元さま、福井県永平寺、永遠の釈迦牟尼仏さま、観世音菩薩さま

時宗  :一遍さま、神奈川県清浄光寺(遊行寺)、阿弥陀如来さま

日蓮宗 :日蓮さま、身延山久遠寺、永遠実成の救主釈尊如来さま、菩薩さま、四天王さま、天照大御神さま、八幡大菩薩さまなどが描かれた大曼荼羅

例年誕生日には、産土神社に参拝していますが、今年は浄土真宗なので京都西本願寺を訪れました。

通常は西本願寺と東本願寺の両方参るのですが同行した友人が浄土宗なので西本願寺と知恩院にお参りしました。

西本願寺に着くと、なんだか人が溢れています。

特別なイベントがあるようで、通常靴を脱いで上がれるお堂にあがれません。

そしたらなんと、親鸞上人から25代目就任の伝灯奉告法要の期間でした。

びっくりしたのは、親鸞上人のエネルギーが引き継がれてその血を引く方が浄土真宗のトップの僧侶であるということです。

西本願寺には2000人以上の人(檀家さんはもちろんのこと一般参拝者も)、大谷派(東本願寺)からもたくさんの僧侶たちが集まっていました。

受付を済ませて椅子に着席すると、オープニングは笙の音から始まりました。

笙や笛、太鼓、小太鼓の合奏に伊勢神宮での御神楽付きのご祈祷を思い出しました。

神仏に通じる音色は昔から同じなのだな~(仏教ぽくない)と思いました。

2000人以上で歌のようになっているお経(音符があるので歌います)を唱えました。

ところどころで、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、と唱えますが、歌詞もあって歌のようでした。

私は音符が読めるので、音程は出せるのですが歌詞を読むのがなかなかついていくのが大変でした(笑)

お堂の中は、人間のいろいろな匂いがするのですが(笑)、一瞬、塗香のようなお花のようなものすごい良い香りが漂いました。

後から聞いたら、一緒に居た友人たちもその香りが解って感動したそうです。

西本願寺一体を阿弥陀如来さまが包んでくださっているのが解りました。

20170417西本願寺3

その後、知恩院(浄土宗)の阿弥陀如来さまにもご挨拶させていただきました。

知恩院には初めてお参りさせていただきました。

鎌倉の光明寺も浄土宗ですが、上品な造りでとても雰囲気が似ています。

浄土宗、浄土真宗、ともに阿弥陀如来さまがご本尊さまです。

阿弥陀如来さまに会えた有り難い素晴らしい誕生日になりました。

20170417京都知恩院1

このブログでも何度か取り上げてきました東京都科学未来館です。

科学に触れたくなると日本科学未来館に行きます。

(写真は、Geo-Cosmos)

 

20170316未来館1

 

かねてから最新の地球儀が欲しいな~と思っていたら、ぴったりのものが!

ビーチボールの地球儀(2300円(税別))をお土産コーナーで見つけました。

小さくたためますが、正確で存在感もあります。

 

今、いくつ「国」があるのかな、と思って調べてみたら、

日本政府が承認している「国」は196カ国、

国連に加盟している「国」は193カ国、でした。

 

「宮中ご八柱」と呼ばれる神さまがいます。

「人類」の守護と「国造り」の働きをされるとても古い神さまたちです。

 

高皇産霊大神さま(たかみむすびのおおかみ)

神皇産霊大神さま(かみむすびのおおかみ)

生産霊大神さま(いくむすびのおおかみ)

足産霊大神さま(たるむすびのおおかみ)

玉留産霊大神さま(たまつめむすびのおおかみ)

御食津大神さま(みけつのおおかみ)

大宮能売大神さま(おおみやのめのおおかみ)

事代主大神さま(ことしろぬしのおおかみ)

 

日本は天皇家のおかげで八柱すべて揃っておられますが、若い国には三柱や五柱しかおられない「国」もあるそうです。

神仏も人類と深く関わってともにこの地球に存在し生きておられるのです。

こうして地球儀をながめていると、いろいろな思いが交差します。

 

地球自身の内在神、地球の守護の神仏・・・

人類の内在神、人類の守護の神仏・・・

科学と神仏の世界は密接につながっていますが、私たちの認識では全く別のジャンルです。

 

地球は人類がいなかったらもっと楽に存在しているのではないかと思います。

でも人類がいるから地球も成長しているのだと思います。

1つ前の<宇宙の始まりと終わり>で述べたように、この大宇宙で、ただシンプルに成長を望んでいるのは地球も同じなのです。

 

20170316地球儀

思い出して、感慨深い、懐かしい、などの感情になる過去のことを「思い出」と言います。

 

思い出すとその時の感情が蘇り、感慨深い、懐かしい、にならないものは、「思い出」にまだ昇華されていないのです。

 

怒りが一番「思い出」になりにくい・・・

 

悲しみも「思い出」になるには時間がかかりますが、苦しいことは意外にあの時はつらかったと、「思い出」に自然になっていることが多くあります。

 

「思い出」とは、過去のことでありながら、感慨深さと懐かしさを味わう「今ここ」の感情でもあるのです。

 

そして楽しいことより、頑張っていた自分を思い出すと、その時の自分をかわいい、愛しいと、思えてくるのです。

 

さて、今は10年後の自分にとって思い出になることをしているのでしょうか・・・

こんな普通の日常が一番の「思い出」になるのかもしれません。

 

もっと年を重ねたら「思い出」は貴重な宝になるのでしょう。

でもまだ「思い出」しか語れない友だちはいらない・・・

「今ここ」を一緒に創れる人たちと共にいたいと思います。

 

20170218ブログ354

 

 

現在の宇宙科学では宇宙の年齢は約137億年です。

そして地球は約45億年前に生成されました。

生命が息吹き始めたのが約36億年前で霊的には地球の大霊が宿り活動を始めました。

さて、これを現在の人間に例えてみます。

 

世界第一の長寿国、日本の平均寿命は約83才、健康寿命は約75才です。

137億年を一番の長老と考えますと、地球はまだ18才~30才くらいです。

自分の20代を思い出して見てください。

なんかしら「やんちゃな」経験がありますよね~

今よりもっと短気だったりしませんか、

 

よく天変地異がくると神の怒りだ~、と騒ぐ方がいますが神仏とは「働き」です。

雷を起こすカミサマもいれば、雨を降らすカミサマもいます。

すべてが人間の守護をしている(人間に関わっている)神仏ではありません。

(例えば、稲荷神社にお祭りされている稲荷神さまは、基本的には稲穂を元気に成長させてくれる働きを持つカミサマです。けっしてカネ儲けのカミサマではないのです)

神仏も地球と共に在ってその成長を望んでいるのです。

 

人間の守護についてくれている神仏とはとてもありがたい存在です。

そして神仏すらあれーっと思うくらい大元の地球の大霊はまだ若いのです。

火山もあるし、地震もきます。若いからやんちゃなのです。

それは守護の神仏の怒りではないのです。

そんな地球に生きる私たちが不幸にも天災の被害にあっても、すべてが先祖や前世、自分のカルマだと思わないことです。

また神が護ってくれなかったとも思わないことです。

神仏にも守護できることと出来ない場合もあるのです。

 

地球は、ブルっとして、どうなのでしょう?

それはポジティブな躍動?

それともネガティブな恐れ?

どちらにしても私たちは、地球に暮らす生命体で、地球の上なのです。

そしてまだ若いやんちゃな地球を荒らしてしまった人類はこれから時間をかけて調和を取り戻していかないとならないのです。

 

20170209

 

 

 

準惑星として分類されている天体は全部で5つあります。

2006年に公転周期560年のエリスが見つかったことにより冥王星も惑星から準惑星になりました。

冥王星の方がエリスより大きさが小さかったのです。

その際、準惑星として、ケレス、マケマケ、ハウメア、も分類されました。

 

さて、西洋占星術には冥王星はかかせない天体です。

準惑星になってもその象意はこの次元の事象にかかせません。

エリス、マケマケ、ハウメアは、冥王星より外側の公転軌道ですが、ケレスは火星と木星の間のアストロイドベルトの中を周っています。

西洋占星術では、ケレス(セレス)、パラス、ヴェスタ、ジュノーの小惑星が占術にも使われますが、この中でケレスだけが、準惑星として分類されています。

 

2006年(皇紀2666年)は、霊的な意味で特別な年であったこともありこの頃より、ケレスに何か重要な意味があるのかもしれないと推測してみました。

 

占星術ではケレスというよりセレスと発音する方が一般的なようです。

4つの小惑星は「女性性」に分類されます。

その中でポジティブな象意としてのケレスは、

大きくは「大地の母」、身近には「母性」です。

そして「絶対的な愛の原則」を意味しているようです。

 

2016年12月、ケレスに「氷」があることがNASAから発表されました。

「水」は西洋占星術でもタロットでも「愛」の象徴です。

 

これを書いている今(2017年1月30日、午後6時半くらい)ケレスの位置(魚座9度)は、奇しくも月(魚座9度)と海王星(魚座10度)の間にいます。

海王星が魚座にいる時代(2011年~2026年)は、海王星がその威力を一番に発揮するときであり情緒的な「愛」が「慈愛」に昇華されていく「絶対的な愛の原則」を促してくれる時であります。

 

2006年に準惑星に降格した冥王星と昇格したケレスは陰陽関係になっていて、冥王星のような激しい方法ではなくケレスのような穏やかな方法で、私たちの「愛」が地球に充満していくイメージを感じました。

 

ただし、海王星のネガティブな意味は「カオス」です。

「カオス」は「アート」(芸術)にもなるので、何が「カオス」なのか、その定義は難しい・・・

 

こういうことを書いていると、

私たちはどこまでネガティブを受け取っても昇華できるのか、

と考えてしまいがちだけど、

どこまでネガティブを受け取らないでも良いのか、

と考えることも必要な「カオス」な時代でもあるのです。

 

その上で、先月(2016年12月)確認されたケレスの「氷」(最初は光っているモノでした)が「絶対的な愛」の希望として、単に感情的情緒的な愛でなく、フラットな「慈愛」を持てる人になれるように進化していきたいものです。

 

画像は、ケレスの水素の量。

(青)水素の多い領域。(赤)少ない領域

提供:NASA

20170130ceres