<偉大なるモーリス・ホワイト(2)>No.34

ブログ<偉大なるモーリス・ホワイト>No.31

http://nakagawaharumi.jp/?p=3002

にも書きましたが、

Earth、Wind & Fire の名前の由来はモーリスのホロスコープから来ています。

宇宙の四大要素である火(プラズマ)、地(個体)、風(気体)、水(液体)のうちモーリスのホロスコープには「水」がなかったのでついた名前なのですが、

なんでモーリスは「ピラミッド」にこだわっていたのか・・・

宇宙から地球救済のためにやってきたモーリスは、当然「ピラミッド」パワーを知っていたとは思いますが、FBで見つけたこの映像を思い出しました。

それは5つしかない正多面体、別名「プラトン立体」です。

%e7%81%ab%e5%9c%b0%e9%a2%a8%e6%b0%b4

西洋占星術では4つのエレメントがありますが、第5のエレメントは扱っていません。

西洋ではこれに「エーテル」を加えて5番目の要素とし、仏教の五行学では「空」としています。(東洋系の占いの五行学とは違います)

これから西洋占星術でも「空」の要素を考えていくことが課題であると思います。

この世界の構成要素である「火」「地」「風」「水」「空」がプラトン立体で表されています。

モーリスは射手座で「火」のサインです。

射手座の守護星は「木星」でアースのアルバムにはよく「♃」のマークが使われています。

「木星」は「地球」に来る前に隕石や彗星などから護ってくれる有り難い惑星です。

西洋占星術では最大の守護と幸運をもたらす天体として扱います。

Earth、Wind & Fire のアルバム「ALL’N ALL」では「Jupiter」が収録されています。

ジャケットにはピラミッドと「♃」のマークが描かれています。

裏面にはピラミッドが2つ重なった「風」のプラトン立体である正八面体が描かれています。

この絵を描いた日本人画家の長岡秀星さん(1936.11.26生れ、2015.6.23没)もまた射手座生れであってモーリスと通じるところが強かったと思われます。

https://www.youtube.com/watch?v=9VjgGIS4yo4

%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%97allnall%e8%a3%8f

コメントは受け付けていません。