水瓶座

<水瓶座(1月20日頃〜2月19日頃) Aquarius>

水瓶座はヒューマニストである。「男とか女とか」「年上だろうが年下だろうが」ひいては「人間だろうが動物だろうが」差別意識を極度に嫌うため、誰にでも平等に接するので一風変わっているように写る。人と同じということが嫌いなので何かしら自分にしかないオリジナルを求める。度が過ぎると奇をてらう感じになる。人が織り成す組織の中で際立つ存在であることを喜ぶ。組織の異端児でありながら組織に必要な存在として溶け込む不思議さを持つ。理論的で物事を順序正しく理解しようする。水瓶座の主張はあくまでも自分のためだけではないので理解されにくく厄介な時もある。議論では屈服しない。アイデアマンだが机上の空論になりやすい。  

水瓶座の「風」は「台風」である。台風は頻繁には発生しない。水瓶座の理想も、時折台風のように周りを巻き込みながら荒れる。生まれたばかりのまったく新しい発想は大きな台風のように既存のものを壊して邁進する。しかし台風の持つパワーをコントロールすることも可能なのだ。

コメントは受け付けていません。