水星

<水星 Mercury>

水星の公転周期は約88日、太陽に一番近い軌道を廻っている。地球を中心に考える西洋占星学では水星と太陽は30度以上離れることはない。太陽星座と同じか、1つ前か1つ次の星座に水星は必ず位置している。「意思」である太陽に対してその周りを忙しく動き回る水星は「知識」と「情報」の伝達を行っている。冥王星が惑星の定義から外され、水星は太陽系惑星の中で一番小さい惑星となったが、高密度の物質からなり、平均密度は惑星の中で最大である。それは圧縮された「知識」として象徴される。水星は本能に目覚め人格に知性が発芽する7才〜14才くらいまでに強く影響する。知識は、聞いて、読んで、話して、書いて、整理されていく。また水星は、言葉遣いや思考などその人物の知性的な部分を表わす。水星は双子座と乙女座の守護星(ruler)である。双子座は的確に情報を伝達する能力に長けているし乙女座は実際的な細やかな分析をし、知識を整理する能力に長けている。どちらも知的な星座でありとくに双子座はよく思考する。さらに双子座や乙女座に水星があるとメールはマメだしよくしゃべる。また年齢域が若いことから双子座乙女座の影響を受けると若々しい雰囲気の人物になる。

コメントは受け付けていません。