タマシイ、御魂、肉体

私たちはまずこの宇宙に生まれたときからの「タマシイ」があります。大本のエネルギーを「タマシイ」と書きます。

さて「人間」とはこの三次元である地球で生きていく物理的な「肉体」を持ち、霊的な面からは、何度もの前世も経験している「タマシイ」や「意識」のある存在です。「肉体」は先祖から継承されたDNAを保つもので、「タマシイ」にはご縁ある神仏の分け「御魂」があり、「意識」は今世に発生した運命を伴って人格を形成していくものです。「タマシイ」は前世を共有していますが「意識」は新たに発生しているので前世の積み重ねはあっても、前世とまったく同じではありません。または、横の軸が空間で「肉体」先祖を現し、縦の軸が時間で「前世」の積み重ねを現し、十字の交差したところに現在の「人間」としての「意識」を持つ自分がいると言えましょう。

「肉体」には、目に見える遺伝的要素と、目に見えないカルマ的な要素があります。この二つの要素は、その家系の持つ要因を継承するので、人種的、民族的、一族的な継承があります。トラウマやコンプレックスなどは前世のネガティブな思考となって継承しています。「人間」の肉体のDNAには元々、陰陽のあらゆる要素が含まれているのです。

「意識」は、「肉体」と連動しており、現実に体験した「記憶」が「肉体」に内在して、「運命」に作用していきます。

「人間」の胸(心臓)の辺りには、神仏の分け「御魂」である内在神(一霊四魂の直霊(なおひ))があります。「神」と呼ばれる存在と「仏尊」と呼ばれる存在は陰陽関係になっていて、「直霊」にも「陰陽」の要素があります。

地球に存在する私たち「人間」は、本来、神仏からいただいた分け御魂を内在神にもつ神聖な存在なのです。

 

コメントは受け付けていません。