「原則」の世界ー占い

見えない世界全般の物理法則のような天地自然の道理やルールのある世界を「原則」の世界と言います。

占いとは迷信ではなく見えない世界をルール化した法則の世界なのです。

物体の質量とエネルギーによって放物線が計算されるように、「占い」でシュミレーションする近い未来とは、その人の本来の性格、現時点で背負っているもの、現時点の状況(環境)が、どんな行方を示すのか(放物線を描くか)をあらかじめ予測することが可能な技術なのです。

そしてどんな占いも100%そうなるという結果を得られることはありません。それは高度な科学が同じ実験を繰り返して100%同じ数値結果を得られないことと同じなのです。

昔からの東洋系の占いは特に「命」を視るものも「卦」を立てるものも「人間」が主ではなくて「自然」(地球)を主とするあまり無常な答えを返す場合があります。駄目なものは全く100%駄目で、試験も挑戦する前から「落ちる」と答えを決めて返します。寿命も決まっていて判ってしまうように返します。しかし、人生とは「結果」が大事なのではなくて「過程」が大事なのであって、言い換えれば「死」を迎える瞬間の「結果」のために人生という「過程」すべてが必要なのです。

死後も「意識」は人生そのものを全部記憶しているのです。それを前世と言います。

「運命」とは「運ぶ命(いのち)」と書きます。「運ぶ」とは「動く」ことです。動いているものは「力」を持つのです。本人が挑戦したいなら、本人が好きなら、気の済むまで仕事も恋愛も動くべきなのです。そしてあるときに次の段階に変わって動きます。これを「気づき」と言います。

あらゆる「占い」は本人の気づきを促すものであり、時間と空間のタイミングを知る助けをするものなのです。

 

コメントは受け付けていません。