外側から

「パワーグッズ」−「石」、「鏡」、「絵」、「紋様」

パワーグッズを持つことは外側からの簡単な開運方法といえる。代表的なパワーグッズ=「石」、「鏡」、「絵」、特殊な「紋様」などを置く(持つ)ことで、「場」を変え良い運命を呼び入れて促進することが可能であろう。しかし、本人が良いと信じていても目に見えない作用は様々で必ずしもプラスに働いているとは限らない。私自身、疑問なときは、自分に合っているかをタロットで確認することにしているが、オーリングやキネシオロジィー(筋肉反応のテスト)を用いても答えを得られるだろう。パワーグッズは用途に応じて正しく使い分けることである。「石」などは、それ自体は自然のエネルギーを保有しているが、「人」の念を吸う場合もあるからである。

「御守り」「御札」

神社で購入する「御札」は、紙製のものが多いが「紙」(「紙」=「神」カミ)のエネルギーというよりは、神職などにある人や技法を熟知した人によって、正しく良い作用がなされるように念や気が込められているものである。特に「御札」自体には神様(高次元のエネルギー)の分け御霊が込められているので扱いは、(神棚などの)作法に乗っ取って丁寧にする必要がある。「御守り」は、金運以外の効力のものを「お財布」に入れて「お金」と一緒すると、異質なエネルギーがぶつかるので、正しく作用しないと思われる。

「十字架」「象徴的マーク」

十字の形はキリスト教徒でなくても、「神」(または「人」の中の神)の象徴の1つである。縦と横の線の交差したところに御魂がある。縦軸「火」(か)と横軸「水」(み)がクロスして、(火水)「かみ」=「神」である。しかしアクセサリとして通常売っているものは「御守り」や「御札」などのように正式に気が込められているわけでもなく、持つ本人の意識(魂)と連動するので、「十字」に対する深い理解がなければ飾りに過ぎない。他にもさまざまな形の象徴グッズはあるが、形によっては魔的な面を増幅するものもあるので注意したい。特に五方星で☆の形が逆(一方の尖った辺が下になる)の星型を使うと「魔」的な力(フォース)となる。

コメントは受け付けていません。