内側から

<内側から>

私が一番に馴染んできた占いは、西洋占星学とタロットカードである。西洋占星学では生まれた時間と場所(経度緯度)から、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の10天体の位置を主に記すホロスコープを作成する。ホロスコープには、その人の性格や運命のすべてが記されているものとして読む。西洋占星学がもっとも得意とするのは、あらゆる角度からその人物の分析を細密に行うことである。これはすべての占いに関して言えることだが、「占い」という間接的な手法を通じて「己を知り」、弱い部分を補うことが目的だ。だが、これが簡単にいかない。「性格そのもの」が「変えられない運命」=「カルマ」そのものであるからだ。タロットカードにおいては、占った問題の「対応策」が示される。対応策に「自分の性格を変えないとならない」暗示があるのは稀であるが、それでも本人が示された対策を実行できるかどうかは別問題であり選択権として発生する。

「価値観を変えてみる試み」

ホロスコープやタロットカードで細かな性格分析をした結果、ある人物が「柔軟な思考や行動を取る」のか、「ただ臨機応変に立ち回る」だけなのか、「筋を通している」のか、「ただ頑固なだけ」なのか、などの違いは認識できる。ある重大な局面に立たされて、「柔軟な思考と行動で乗り切った」のか「臨機応変に立ち回って乗り切った」のかは、違っても「乗り切った」ことには変わりなく、もともと態度が急変して他からの信頼を無くすことにも慣れている人物にとっては、通常の人生を送っているに過ぎない。しかしあるとき、「臨機応変に立ち回っていること」が「いつも最後に自分は逃げていたかも・・・」と気がついた時に「変われる」かである。「気づき」は第一歩であるが「行動」に移せなければ意味がなく変わったことにはならない。逆に気がついたが故にストレスが発生するので、またもとの価値観に戻ってしまう。不快だからである。

また、「筋を通す」ことと「頑固な」ことは全く違うが、低い次元の場においては紙一重のようにもなる。どこまでが「自分の思う筋」として存在させるべきなのか、「ただの頑固な考え」ではないのか、常に客観的に自分に問う姿勢が価値観を変えていく。前向きに自分の価値観を変えていけるのかが、人生の視野を広げ、「人」として「意識」のバージョンアップに繋がるのである。

占いにおいては、「この人ならこういう対処をするだろう」とある程度予測し、対応策においてもその人が立てやすい状況をアドバイスする。しかし時としてその依頼者が、いままで生きて来て、これまで一度もありえない行動や全く考えられなかった思考をしたとき、私はとてもうれしく感動する。占いより上の次元にその人がアクセスしたからである。前述の「原則」の世界ではなくて「守護」の世界からのメッセージを受け取れたのであり、今までの自分の価値観を変えるチャンスなのである。価値観を変えられるという事は前世や先祖からくる永年のカルマからの脱却にも繋がるのである。

自分に降りかかった問題を考えるときに、被害者としての意識だけでなく加害者の意識の両面から見つめてみることだ。自分の「運命」とは自分の「鏡」なのである。自分が変われば映し出される運命も変わる。よく言われることであるがこれを体感できている人は少なく非常に難しいことである。だから一重に奨めない場合もある。まずは自分を認めて好きになることの方が先であるからだ。その上で、客観的に分析して「鏡」に映るものを変えていく。そして信仰心を持ち、守護の存在を感じていくことで確信していけるのである。「人」の中の「内側」の神仏とご縁ある自然の中の「外側」の神仏が繋がったときに、真の守護を得られるのだろう。それは良いシンクロニシティとなり、思いも縁らない運命がプレゼントとされることになる。これも1つの「運命変更」と言えよう。

コメントは受け付けていません。