<不可思議な世界にいます>No.396

たまには不可思議なことを書きたいと思います。

本来私は、不可思議なことが専門で仕事をしていますが、通常はいたって普通の3次元の問題を取り扱っています。

睡眠から目が覚める瞬間、何か不可思議なものが見えることないですか・・・

私はときどきあります。

眠っている間、夢を見ていると思いますが、夢ではなく覚醒した瞬間です。

意識は起きていますが目はまだつぶっていて、身体は横たわっている状態のときです。

まず直系1センチ未満(イメージです)の円の中に風景が見えます。

その映像には、人間たちが何か営んでいる場合もあるし、見たこともない生物がいる場合もありますが、窓から覗いているというイメージなので、自分は圏外にいます。

これは、時空を超えた世界、または、異次元を覗いている感じです。

全く同じ経験がある人がいたので、私たちにはこういうことが起こるのだと確信しています。

本日は、まぶたのうちに模様が見えました。

これはハーフトランス(瞑想など)状態のときに何度か見たことありますが、眠る前にも見えることがあります。

顕在意識がしっかりとしていないぼやけた状態なのでハーフトランスに近いのでしょう。

本日は美しい格子模様に包まれていました。

高次の存在は美しい幾何学を成していると思っています。

そこに在ることを嬉しく思いました。

宇宙の物質でも見えているものはほんの少しで見えないものの方が圧倒的に多いのです。

見えない世界を信望し過ぎることも危険ですが科学的にも、もっと知っていきたいと思っています。

コメントは受け付けていません。